::イオンモール八幡東の中にある【みやび内科・眼科クリニック】です::

みやび内科・眼科クリニック

みやび内科・眼科クリニック診療受付時間
午前10:30~12:30 午後14:30~19:00
※火曜午後・木曜は往診のため休診 ※土・日・祝日診療

診療科目

眼科 内科

診療内容

【眼科】
●結膜炎・ものもらい
●眼アレルギー・花粉症
●ドライアイ・眼精疲労
●涙点プラグ
●眼鏡処方
●コンタクトレンズ処方
【内科】

●糖尿病・高血圧・痛風・呼吸器
アレルギー・消化器・
甲状腺など

●X線検査
●心電図検査

●インフルエンザほか
ワクチン接種

●健康診断(企業・高齢者)
●往診(在宅診療)

診療受付時間

午前10:30~12:30
午後14:30~19:00

火曜午後・木曜は院長往診のため休診いたします
木曜日が祝日の場合は診療いたします(土・日・祝日も診療いたします)

社保・国保・生保 各種保険取扱い

目の病気など眼科に関する情報です

後部硝子体剥離 [16.03.31]

後部硝子体剥離

(概念)
硝子体は、どろどろした透明なゲル状の組織です(魚の目をつつくと中からどろっとしたゼリー状のものが出てきますが、人間の目も同様で、これに相当するのが硝子体です)。
硝子体は、年齢と共にゲル状組織が目の奥で液体化したり、萎縮したりして網膜からはがれてしまいます。(これは治療が必要な網膜剥離とは違い加齢による変化です)
硝子体が網膜からはがれる際に、ねじれて混濁を起こすことがあります。
光は、角膜、水晶体、硝子体を通して目の奥の網膜に届き物を見ているのですが、途中の硝子体に混濁があると影絵の如く網膜に像を結びます。これが飛蚊症の原因です。
目は常に動いているため、眼の中にある硝子体の混濁もゆらゆら揺れているため虫が飛んでいるように映るのです。眼を動かすと一緒についてきます。これが飛蚊症です(正確には、治療の必要が無い飛蚊症。生理的飛蚊症と呼びます)。
特に、明るいところや、白い壁を見た際にはっきりします。
近視の強い方に多く、女性に多いと言われています。
以前は、50代以上の人に多いと言われていましたが、最近では20代でも発生します。

(症状)
(1)「飛蚊症」読んで字の如く、虫が飛んでいるような症状です。
(虫が飛んでいる)、(もや~とした煙のように見える)、(糸くずや黒い点に見える)などと表現されることが多いです。
飛び物の色は、透明、白あるいは黒に見える場合もあります。
(2)「光視症」。これは、光が当たっていないのに光を感じる症状です。
原因は、後部硝子体剥離が起こる際に、網膜と硝子体が強くくっついている部分の網膜が引っ張られる時、その刺激が脳に伝わり光刺激として感じる症状です。
(ぴかぴか光るものが見える)、(稲妻が走る)などと表現される場合が多いです。

(治療)
年齢に伴う変化ですので、特に治療の必要はありません。が、飛蚊症が消失することもありません。

※しかし、飛蚊症を安易に放置してはいけません。飛蚊症には、年齢からくる後部硝子体剥離による生理的な飛蚊症だけではなく、治療が必要な病的飛蚊症があるからです。
※病的飛蚊症の代表的なものには、網膜裂孔、網膜剥離、ぶどう膜炎、眼底出血などがあります。
※特徴的な飛蚊症の症状は、黒い点の量や範囲が急に増えてきた。黒いところで突然稲妻のような光が見える。急に視力が低下した。見える範囲が狭くなってきた。急に充血し痛みもあり飛蚊症が出てきた。などです。これらの症状を伴う飛蚊症は早期に治療が必要な場合があります。放置せず眼底検査をしましょう。
※若い方で飛蚊症を感じる場合は、近視が強いことが多いです。近視が強いと硝子体の液状化現象が早期の起こりやすくなるからです。但し、近視が強い場合は、網膜の奥に弱い部分を持っている場合があり、ここに穴が開くと網膜剥離となりますので、是非一度は眼底検査を行った方が良いです。
※また若い方の飛蚊症(生まれつきの飛蚊症)の原因としては、次のような場合もあります。
母体内の眼球は、作られる過程で硝子体内には血管が通っています。眼球が完成すると血管はなくなるのですが、生まれた後も硝子体内に血管が残存する場合があります。これが濁りとなり飛蚊症の症状を若年時より訴えることもあります。これも一種の生理的な飛蚊症なので急に大きくなったりしなければ気にする必要はありません。


『あっ!何だか、もやもやした飛びものがするぞ。』と思ったら、飛蚊症かもしれません。上述したように危険な飛蚊症が隠れている場合があります。
放置せずに、是非、受診して下さい。一度眼底検査を行いましょう。
一覧に戻る
:: みやび内科眼科 ::
〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田3-2-102イオンモール八幡東 2F
TEL093-663-7163 FAX093-663-7166
Copyright © 2014 MIYABI CLINIC All RIGHTS RESERVED.