::イオンモール八幡東の中にある【みやび内科・眼科クリニック】です::

みやび内科・眼科クリニック

みやび内科・眼科クリニック診療受付時間
午前10:30~12:30 午後14:30~19:00
※火曜午後・木曜は往診のため休診 ※土・日・祝日診療

診療科目

眼科 内科

診療内容

【眼科】
●結膜炎・ものもらい
●眼アレルギー・花粉症
●ドライアイ・眼精疲労
●涙点プラグ
●眼鏡処方
●コンタクトレンズ処方
【内科】

●糖尿病・高血圧・痛風・呼吸器
アレルギー・消化器・
甲状腺など

●X線検査
●心電図検査

●インフルエンザほか
ワクチン接種

●健康診断(企業・高齢者)
●往診(在宅診療)

診療受付時間

午前10:30~12:30
午後14:30~19:00

火曜午後・木曜は院長往診のため休診いたします
木曜日が祝日の場合は診療いたします(土・日・祝日も診療いたします)

社保・国保・生保 各種保険取扱い

内科に関する情報です

びまん性軸索損傷 [16.09.29]

びまん性軸索損傷


1)定義
頭部外傷のうち、受傷直後から6時間を超えた意識障害がある場合を、びまん性軸索損傷と定義しています。
頭部外傷には、局所性脳損傷と、びまん性脳損傷に分けられます。
局所性脳損傷とは、外傷の直接的な衝撃が脳の限られた部位に集中することにより生じる損傷です(脳挫傷、頭蓋内出血など)。
これに対して、びまん性脳損傷とは、回転加速度を生じるような衝撃(剪断力)による損傷で、脳全体に損傷を及ぼします。
びまん性軸索損傷は、びまん性脳損傷の1つで、脳の広範囲に衝撃が加わることにより、脳の神経細胞の線維である軸索(脳が様々な指令を出すために長く伸びた神経線維)に断裂を生じ機能を失うことにより、記憶障害などの様々な障害を残します。(例えば、ヘルメットをかぶったオートバイ事故のように、頭部に直接の打撃が無い場合でも、強く脳が揺れることにより起こります)

2)症状
受傷直後より高度の意識障害を来します。
後遺症としては、記憶障害・集中力や判断力の低下といった認知障害・攻撃的になったり感情が変わりやいと言った人格変化が現れることが特徴です。

3)検査と診断
MRI検査にて、神経細胞の軸索の断裂に伴う微小な出血や浮腫(むくみ)が現れます。
CT検査では異常が見られない場合が多いです。
つまり、意識が無いなどの重い症状があるのに、頭部CTでは大きな異常が見られず、また、頭部外傷以外には原因が考えられないときは、びまん性軸索損傷が疑われ、MRI検査にて典型的な所見があれば診断が確定します。

4)治療
現在、効果的な治療方法はありません。
予後は、一般的に意識障害(昏睡)の持続時間に比例します。


「あっ!事故後退院してから、物忘れや上手く何でもやれなくなってるぞ。直ぐ怒り、攻撃的になってるぞ。」とおもったら、びまん性軸索損傷かもしれません。一度ご相談ください。
一覧に戻る
:: みやび内科眼科 ::
〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田3-2-102イオンモール八幡東 2F
TEL093-663-7163 FAX093-663-7166
Copyright © 2014 MIYABI CLINIC All RIGHTS RESERVED.