::イオンモール八幡東の中にある【みやび内科・眼科クリニック】です::

みやび内科・眼科クリニック

みやび内科・眼科クリニック診療受付時間
午前10:30~12:30 午後14:30~19:00
※火曜午後・木曜は往診のため休診 ※土・日・祝日診療

診療科目

眼科 内科

診療内容

【眼科】
●結膜炎・ものもらい
●眼アレルギー・花粉症
●ドライアイ・眼精疲労
●涙点プラグ
●眼鏡処方
●コンタクトレンズ処方
【内科】

●糖尿病・高血圧・痛風・呼吸器
アレルギー・消化器・
甲状腺など

●X線検査
●心電図検査

●インフルエンザほか
ワクチン接種

●健康診断(企業・高齢者)
●往診(在宅診療)

診療受付時間

午前10:30~12:30
午後14:30~19:00

火曜午後・木曜は院長往診のため休診いたします
木曜日が祝日の場合は診療いたします(土・日・祝日も診療いたします)

社保・国保・生保 各種保険取扱い

内科に関する情報です

⒮サルコイドーシス [16.11.08]

サルコイドーシス

1) 概念
サルコイドーシスは、原因不明の多臓器を障害する疾患です。
20~30代と40~50代の二峰性に好発し、両側肺門リンパ節、肺、眼、皮膚に症状を呈することが多いですが、神経、筋、骨、心臓、腎、消化器などにも発症します。
頻度は、人口10万人あたり、約7~9人です。

2) 症状
約1/3は無症状で発見される場合があります(健診などのレントゲン撮影時に両側肺門部のリンパ節腫脹として偶然発見される)。
目のかすみ、まぶしさ、飛蚊症、視力低下などの眼症状で発見される場合が最も多く、他には、発疹(結節性紅斑)などの皮膚症状、咳・呼吸苦、全身倦怠感・発熱・関節痛、不整脈などです。

3) 治療
原因不明のため、根治的な治療方法はありません。
多くは無治療で経過観察しますが、日常生活に支障が生じる場合(自覚症状が強い)や、心臓、中枢神経、腎臓などの合併症があり生命予後に関与する場合は治療が行われます。
治療は、ステロイド剤投与を行います。
しかし、再発例も多く、免疫抑制剤を使用する場合もあります。

4) 予後
皮膚症状を伴う急性発症例(関節痛や発熱を伴う場合もある)や、無症状の両側肺門リンパ節腫脹を示す症例では、通常は自然経過で消退する場合が多いです。
サルコイドーシスの多くは自然寛解するか、治療により治癒することが多いですが、約10%で、進行性、難治性となる場合があります。しかし死亡例はごくまれです。

「あっ!最近、目がかすんでまぶしいぞ。何かチラチラ飛びものがするぞ。皮膚に発疹が出てきたぞ。熱があり咳が出て体がだるいぞ。」と思ったら、サルコイドーシスかもしれません。是非、ご相談ください。
一覧に戻る
:: みやび内科眼科 ::
〒805-0071 福岡県北九州市八幡東区東田3-2-102イオンモール八幡東 2F
TEL093-663-7163 FAX093-663-7166
Copyright © 2014 MIYABI CLINIC All RIGHTS RESERVED.